-

クレジットを店頭にて使う時にもれなく経験したことがおありかと思いますがレジのスタッフが未熟なためいったいどの明細をカード利用者に提示するのか迷っている時がおありかと思います。

クレカを使用すると、レジ端末の方から数枚の紙というものが印刷されるためこれらのどれをお客様の方に渡すのか迷いやすいというものだ。

数枚の利用明細について→上で述べた3枚1組の明細の内容とはいかなるものかについてまとめると下の内容になります。

1お客様に保管してもらう使用レシート。

2お店の控え利用明細。

3カード会社控え用の明細レシート(記名を行うレシート)。

通常は必ずお客さんの方へ渡す用の利用レシートの方をもらうはずなのですが、たまに店舗控え用の使用レシートをカード利用者のもとへ誤って渡すような場合の他、記名された側の紙を渡すといった事故も存在します。

このようなパターンはアルバイト店員であるとかそれほどカードが利用されるケースの少ない店舗等において利用する際そのようなレジ担当者の心の乱れというものが垣間見れるのではないでしょうか。

もしもスタッフが誤った明細というものを渡した場面では、親切に「これは違いますよ」と正してあげて欲しいです。

Category

リンク