-

自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い、略して自賠責保険と呼ぶものになります。

自賠責保険は属に強制保険と言われクルマを定期車検に出す場合は、決められた車検期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。

簡単に言えば、すべての自動車に加入義務のある保険ということです。

では車が自賠責保険に入ったまま手放したケースではどうなるか考えてみましょう。

自動車損害賠償責任保険は車検時に更新になる場合が多々あるものですが、もし自動車損害賠償責任保険が付いたままの自動車を売った際は、その金額が返還されるという事例はあまりありません。

というのも、自賠責保険の効力を一回消して、新しいオーナーに入れ替えるということは多少面倒なのです。

なので、強制保険というものは、名義変更後にクルマとともに渡すのが基本です。

ただそれと同じだけの金額を商品代に乗せてくれます。

自動車損害賠償責任保険というのは自動車税と違い、支払った保険額を月々で割り算した金額が返金される方法ではなく、査定額に上乗せといったような手段が使われるケースが普通ではありますがこの上乗せが見積もりに明記されるケースは珍しいです。

ですから車買取時には強制保険を考慮した金額が見積額に反映されているかを確認する必要があります。

支払った額がどの程度かを把握しておけば、見逃すことはないと思います。

その自賠責保険の加入額に関しては期間により異なるものですから注意しましょう。

クルマの買い取りの場面では保険の名義書き換えをしましょう。

仮にこれをしていなければ、保険会社より自分宛に保険の満期の知らせが届いてしまいます。

あなたが手放すか悩んでいる愛車が多少でも損をせずに手放すことができることを応援させて頂きますね。

Category

リンク