-

車の【全損】とはその名称が示すように全てが壊れてしまうこと要するに走行が出来ない等移動手段として任務を満たせなくなった状態で判断されますが乗用車の保険で決められている「全損」は多からず同様ではない意味があったりします。

乗用車の保険の場合では自動車が壊された場合では「全損と分損」のように2つの種類振り分けられ〈分損〉は修復の費用が保険金内でおさまる場合を表現し逆に【全損】とは修復のお金が補償金の額を上回る場合を示します。

普通の場合、修理で全損というと車の最重要のエンジンに修復できない被害が存在したり車の骨格が歪んでしまって直すことが不可能である為リサイクルか廃車となるのが当たり前です。

事故を起こしてお店や車の保険屋さんがその修理のお金を見積もった場合に、どんなに表面的に綺麗で修復が可能な状態でも修理費が補償よりも大きかったらそもそもなんで自動車の任意保険にお金を払っているのか分からなくなってしまうでしょう。

そのようなときには、『全損』と判定して車の権利を保険屋さんに譲渡して補償金を負担してもらうことになっています。

もちろんの事ですが長年乗り続けた自家用車で未練があり自分でお金を出して修理して乗りたいと希望するドライバーはかなり存在するので事態に応じて自動車の保険屋さんと相談するといいのかもしれません。

そして、 自動車保険によってはこういった状況が考慮されて特約などの全損の際に特約がある状況がいっぱりあり、万一自家用車が全損となったケースでも車を買い換えるなど費用を多少なりとももってくれる時も実在したりします。

更に盗難にあった時の補償額の特約をつけるならばとられてしまった車が発見されない状態でも(全損)と扱われ、補償金が払われることになっています。

Category

リンク